ENGLISH

英語が出来ない人は稼げない!ちょっとコツを掴めば、英語を話すことは簡単です。

こんにちは、MARCUS(マーカス)です。
マレーシアに住んで、英語で過ごすようになって9年になります。

日本の会社も、海外に進出するケースが増えてます。
グローバル化は、これからどんどん加速していくでしょう。

グローバル企業では、海外での業務経験が必須という会社もあります。
「海外勤務=英語=社内キャリアップの条件」という訳です。

英語が話せないと、昇進のチャンスが掴めない時代になってきました。

また、英語が話せれば海外旅行に心配がなくなり、どこにでも行けます。
外国人向けのボランティア活動などに参加したりも、自由です。

「英語が話せればいいけど、なんとなく“EIGO”に苦手意識がある」

「読み書きは何とか出来るけど、話すとなると言葉が出てこない」

そんな苦手意識を解決します。

本記事の内容

1.英語が話せるようになると、収入がアップします。

2.英語を話すことは、実は簡単です。

3.英語学習に、高い教材は入りません。

英語が話せると、収入がアップします。

英語が話せると仕事の選択肢が増え、収入がアップします。

まず、一般社員の場合です。

  • グローバル展開している大手企業への就職が、可能になります。
  • 海外駐在員として仕事をすると、手当が出てだいたい20~30%収入が増えます。
  • 給料が高い外資系企業にも、就職出来ます。

次に、専門職の例です。

  • 海外プロジェクトに参加することが出来るようになります。
  • プログラマーのキャリアでアメリカに就職して年収3倍も夢ではありません。
  • 私が働いている建設系プロジェクトでも、海外の方が給料が高いです。

英語が話せる人は、実際に年収が高いという調査結果があります。

英語レベル「上級」では、年収1,000万円以上が約60%。「初級」では約10%(図1)

現在の年収を伺うと、英語レベル「上級」(流暢)では約60%が1,000万円以上と回答しました。一方、英語レベル「初級」(挨拶レベル)では約10%に留まり、約50ポイントの差となりました。英語レベルが上がるほど、年収の高い割合が大きくなる相関関係がみられました。

国税庁が令和元年9月に発表した「平成30年分 民間給与実態統計調査」(※2)では、年収1,000万円以上は給与所得者の5%でしたが、エンワールド・ジャパンが対象とするミドル~ハイクラスの英語レベルが「上級」のグローバル人材では、その約12倍の結果となりました。※2「平成30年分 民間給与実態統計調査」国税庁 

エンワールド・ジャパン

 英語が話せないと稼げない

今後、日本は人口減少に伴い、市場は縮小します。
経済発展には、海外展開を加速しなければいけません。

各企業は生き残りをかけて、グローバル化はどんどん進みます。
日本国内でも外国企業との仕事は、避けては通れないようになるでしょう。

英語=高収入という時代が、もうそこまで来ています。

今からでも十分間に合います。
英語が話せるように、すぐ行動を起こしましょう!

英語を話すことは、実は簡単です。

結論から言います。

日本人は、英語を難しく考えすぎです。

英語へのイメージを変えましょう!
中学英語を思い出すだけでOKです。

ちなみに、
コツが掴めていない人は「TOEIC850点」でもなかなか話せませんよ。

例えば、こんな例文です。

I know that boy. That boy is John.

(2つの文を1つにして下さい。)

答え①:I know that boy who is John.

私はジョンという少年を知っている。

答え②:That boy whom I know is John.

私が知っている少年はジョンです。

どうですか?正解でしたか?

私の答えは、「1つの文にする必要はない」です。

日本語の会話だとすると、「あぁ、あの子知ってよ。ジョンでしょ。」です。
わざわざ関係代名詞(Who)で1文にしなくても、自然な会話で十分伝わります。

英語での会話の途中で、関係代名詞なんてまず使いません。
2文のまま、ポンポンと話しを進めた方がわかりやすいし、ナチュラルです。

日本人が英語に苦手意識を持っているのは、学校での英語教育のせいです。
英語の試験では、「もっともふさわしい答え」を選ばなければいけませんでした。

「どれが一番正しいか」とか「もっともふさわしいか」を考えてしまうと、英語の文章や単語がすぐに口から出てこなくなってしまいます。

 正解は、1つではない。

テストのように1つの正解を探すよりも、自分が思っていることを伝える方が大切です。
あいさつでも「Hi」「Hello」「What’s up?」「How are you doing?」どれも正解です。

重要なのでもう一度言いますね。

会話の答えは、1つじゃありません。
短い英文をいくつも繋いで、自分が言いたいかが相手に伝われば、それで十分なんです。

英語を難しく考えて、もっともふさわしい答えが見つからずに何もしゃべれない。
こんなもったいないことは、ないですね。

あなたは、英語がしゃべれます。
まずは、自信をもって行動しましょう。

そこから、全てが始まります。

簡単な英文をつなげる方法

とは言っても、いざ英語での会話となったら、簡単な英文が出てこないかもしれません。
短い英語文をつなげて、しゃべるコツを教えます。

日本語を、「5才児が話すような言葉」でイメージして下さい。
そうすれば、英語にするときに単語がすぐに見つかり、口から言葉が出やすくなります。

例えば、こんな感じです。

【英語の試験的な会話文】

昨日、前々から行きたかったイタリアンレストランに家族で行った。

I went to Italian restaurant I wanted to visit from before with family yesterday.

【実際の会話】

昨日、イタリアンレストランに家族で行ったんだぁ。

前から行きたかったレストランだったんだよ。

I went to Italian restaurant with family yesterday.

I wanted to visit that restaurant from before.

1文で話すと「前々から行きたかったイタリアンレストラン」で、詰まりますよね。
でも、2文に分けたらどうですか?

レストランに家族と行った、前から行きたかった。
これだったら、会話のリズムの中で短い文章を反射神経で答えらえれそうじゃないですか。

短い英文で良いので、自分の伝えたいことを「実際に話す」ことが超重要です。
どんなに泳ぎ方の本を読んでも、プールで泳ぐ練習をしなければ泳げるようになりません。

 英語は、コミュニケーションツールです。

自分で考えたことを口から発音して、相手に伝えることが必要です。
まずは、口から英語を出すというハードルを出来るだけ下げましょう!

これが、英語で話せるようになるための第一歩です。

英語で話すことは、簡単です。
英語で話すことを、即実践しましょう!

英語の学習に、高い教材はいりません。

私も海外で暮らすようになった時に、英語の学習本や教材を買いあさりました。
ほとんどが、無駄になりましたね。(笑)

自分のレベルに合ってなかったか、使わない知識ばかりでした。
日常会話で使える英語を話すためには、次に言うものだけ用意してください。

他のものは、とりあえず必要ありません。

1.中学英語の基本文法本

2.中学英語レベルの単語本

3.瞬間英作文の本

4.オンライン英会話(オプション)

教材① 中学英語の基本文法本

英語は語順が、命です。
語順が変わると、文章の意味が変わってしまいます。

こればかりは、中学英語の文法の一部を覚えるしかありません。
ただし、比較級や最上級などを全部の文法を覚える必要はありません。

まずは、時制と肯定文、否定文、疑問文だけで会話の8割はカバーできます。

1.時制(過去、現在、未来)

2.肯定文、否定文、疑問文

教材② 中学英語レベルの単語本

中学レベルの単語本を読むと、だいたい知っている単語です。

日常会話では、中学英語の単語で十分です。
日本語だって知らない単語があるのに、英語でたくさん覚えるのは大変です。
知らない単語は都度覚えればOKですし、知っている単語を使って説明出来ればOKです。

ポイントは、「日本語を分解する能力」です。
こっちの方が、重要になってきます。

救急車 Ambulance ⇒ 病院に行く車 Car going to the hospital

事務所 Office ⇒ 働くところ Working place

すぐに出てこない単語があったら、他の言い方に分解しましょう。
簡単な英単語を使って、そのことが説明出来れば会話は成立します!!

教材③ 瞬間英作文の本

日本語を出来るだけ早く、英語に変換して口から出すという訓練に最適です。

簡単な日本語の文章とみて、パッと英文を声に出して発音します。
言語を頭の中で変換する一連の動作には、練習が必要です。

私がもっともオススメしている学習法です!
英語を話すためには、一番効果があると思います!!

教材④ オンライン英会話(オプション)

最後は、実際にイングリッシュスピーカーと話すという実践あるのみです。

日本国内では自分で機会を作らない限り、英語を話す聞くという練習が出来ません。
オンライン英会話であれば、好きな時間に短時間の会話を実践出来ます。

英語は話すには、英語を聞くもセットで習得しなければなりません。
これを同時に練習できるのは、イングリッシュスピーカーとの会話のみです。

対面式の英会話教室よりも安価ですし、インターネット環境があればどこでも出来ます。
話す相手も選べますので、気が合う相手を見つければ楽しく続けらるのもメリットです。

海外に住んでいたので、話す環境には恵まれていました!
日本人同士だと甘えがでるので、外国人と話しをしましょうね。

さいごに

まずは、簡単な英語で良いので話せるという感覚を掴んで下さい。
自分に自信が付けば、一気に英語力はアップします。

簡単な単語と文法で、ドンドン話して日常会話を英語で話せるようになる。
そこから、知らない単語や文法のボキャブラリーを増やしていく。

「ビジネスレベル」の英語習得までの近道です。
英語で稼げるようになるまでの最短ルートだと思います。

それでは、みなさんの参考になればうれしいです。

こちらの記事でも英語の学習方法を、具体的に説明しています。
 TOEIC350点だった私が、英語で暮らせるようになった方法です!!

何から始める?英語初心者の独学学習法【経験者談】

こんにちは、MARCUSです 卒業してから英語とは全く無縁の生活を送っていた私が、海外での駐在員勤務で試行錯誤しながら、日常生活は英語で過ごせるようにまでなったノウハウをみなさんにお話します 『英語の ...

続きを見る

英語で話せるようになる!TOEIC350点から使える英語を身につけた方法【海外在住】

こんにちは、MARCUSです 海外赴任前は英語が全く話せなかった私でも独学で英語が話せるようになりました 今では日常生活は英語だけで過ごしています 最短で英語が話せるようになるには『コツ』があります ...

続きを見る

【おすすめ】海外でうまく英語が喋れない人の最短英会話学習法

  こんにちは、MARCUSです 「海外で英語の会話がなかなか上達しなくて日常生活で不自由を感じる」「話せれば仕事の効率も上がるし友達も出来て生活がもっと充実すると感じる」 そんな方が英語でコミュニケ ...

続きを見る

-ENGLISH

© 2022 MARCUS PROJECT | Blog Powered by AFFINGER5