LIFE Malaysia

【海外移住】マレーシア移住のメリットをお話しましょう

2020年5月4日

マレーシアに住んで9年目に突入の、MARCUSです。

すっかりマレーシアが肌にあってしまい、気が付けば、9年も住んでいます。

マレーシアへの移住・就職を考えているけど、いきなり海外は不安。

マレーシアの本当の状況が知りたい。

そんなあなたに、現地在住だからわかるマレーシアのメリットをお話しします。

海外初心者には本当に住みやすい国ですよ。オススメです!

マレーシアのメリット1:住宅費が安い!

住宅費(賃貸)は、コスパが最高です。日本の都市部と比べて爆安です。

発展途上国であればどの国でも安いと思います。

インフラや住みやすさと比較したときには、マレーシアのコスパは良いです。

住宅費が安くても、不衛生であったり、インフラに不安があったりするといやですよね。

首都クアラルンプールでも、70,000円前後で新築・ジムプール・家具付きの3LDKで100~120m2の広さ(驚き!)という賃貸物件はいくらでも見つかります。

もっと住宅費を節約したい方はワンルーム物件もあります

ですが、数も少なく50,000円くらいはしますのでだいたい60,000円から70,000円前後の物件探しがオススメです。

めちゃめちゃ広いので、ルームシェアで家賃をシェアするのもいいですねよ。

住宅費の安さが、生活費が安くなる一番の理由だと思いますね。
この住宅環境は、日本ではなかなか無いと思います!

日本人の方が、経営されている不動産紹介会社などもあります。

住宅探しには、さほど苦労しません。

賃貸契約は、日本とはがだいぶ違うので初めての時はお任せするをオススメします!

日本から住宅を見てみたい、住宅探しは自分でチャレンジしてみたいという方は【i property】というサイトを見てみてください。

英語サイトですが、マレーシアの住宅費を知るには必須サイトです。

州、市、町をプルダウンから選べば物件を見れます。

外部リンク:https://www.iproperty.com.my/

マレーシアのメリット2:生活費が安くできる!

1か月の生活費は日本の50~70%くらい。

1/3ということは無いです。笑「やれば出来るんでしょうか?」

家族2人で、170,000~200,000円くらいだと思います。(住宅費込み)

1.昼食はローカル食堂(200~300円:安い!)、夕食は基本自炊でたまに外食

2.週末は、日本食を食べにいったり、カフェや洋食もたまに。(800~1,200円)

3.洋服は、ユニクロ、たまにAmazonで日本から本や好きなものを買う

4.移動は基本的にタクシーかGrab(配車サービス)(300~600円:安い!)

5.ひきこもりで、デリバリーサービスをよく利用(+150円くらい:安い!)

6.運動不足になりやすいので、24時間ジムへ通う(4,000~5,000円/月)

特に節約せずに、2人で170,000~200,000円で生活出来ます。

もちろん、マレーシアの現地料理だけ食べる、買い物も屋台や現地スーパーをフル活用!とすれば、もっと節約することもできますよ。1日1,000円前後でも生活出来ます。

海外にいる刺激だけで物欲は不思議とないので【住宅費】と【食費】がほとんどですね。

何かほしいものがある時には、日本で買ってくることをオススメします!

マレーシアから買うと500円の文庫本は、輸送費込みで800~850円くらいになります。

駐在員の方は、住宅費会社負担でしょうし、現地採用でも会社負担の場合があります。

よく条件を確認しましょう。住宅費の負担があるかないかで生活費が大きく違います!

あまったお金を現地でしか体験出来ないことに使うもよし、将来の蓄えや投資に使うもよし。あなた次第ですよ!

マレーシアのメリット3:常夏、花粉、地震がないの最高!

最近の日本の夏は、殺人級の酷暑ですよね。

春になれば花粉もひどいし、大地震がいつあるのかも不安です。

マレーシアは最高です!

常夏の島にも、LCCで週末旅行できます!

1.気温30~35度、日陰では風が涼しい。夜になれば、窓を開ければ過ごせる。

 スコールはあるが、30分~1時間。スコールのあとの爽快感、好きです。

2.花粉はありません。春の時期は、日本への帰国計画はNGです。

3.地震もほぼありません。災害といえば、たまに洪水があるくらいです。

四季がなく、季節感がないことを嫌がる人もいます。

クリスマスとか、真夏ですし。笑

おしゃれを楽しみたい人は、秋・冬物が着れないので残念かもしませんね。

でも、一年中、Tシャツ・半パン生活。めんどくさがりとミニマリストには最高です!

マレーシアのメリット4:英語が通じる親日国!

英語が通じて、親日。これも移住するには、大事なポイントです。マレーシア良いです。

東南アジアでは「ジャパニーズ・バリュー」がまだあります。

日本人というだけで先進国から来た人という目でみてもらえます。

(昔あった日本を見習えとした「ルックイースト政策」のおかげ?)

1.日本の会社多数、日本人も約2万人住んでいます。街中にも日本製品たくさん

2.日本車が大好きな「親日国」です。街中でも日本車は、本当に多いです

3.多人種国家、外国からの出稼ぎも多数。外国人に寛容でフレンドリー

4.街中では英語が通じる。アジア圏ではシンガポールに続いて第二位の英語力

5.「ジャパニーズ・イングリッシュ」でも聞いてくれる。これ大事です!

多人種、多国籍なマレーシア。外国人に寛容でフレンドリーに話しかけてくれます。

英語圏ではないので、あくまで英語はコミュニケーションの手段。伝わればいいというゆるい感じがとても心地よいです。日本人の中学英語でも一生懸命聞いてくれます。

言語学習は、どれだけ実際に話をしたかです。

フレンドリーに日本人英語を聞いてくれるマレーシアは、英語学習にももってこい
もちろん、ネイティブ並みに話せる人もいますので、英語のレベルアップもOKです。

現地語(マレーシア語)も少し覚えると、初対面の印象を爆上げです。マレー語は、日本人が覚えやすい言語ランキングに入ってます!

マレーシアのメリット5:日本人が多い!

何かあったときには、まわりに日本人がいると安心です!

シンガポールやタイに比べると少ないですが、大型ショッピングモールなどでは日本人をよく見かけます。

マレーシアには、約2万人の日本人がいるそうです。

日本人がいればニーズに合わせたサービスもあります。

1.いろいろな日本人のサークル活動

2.特定病院での日本語案内

3.日系サービス会社で日本人対応(保険会社、旅行代理店、引越しなど)

4.日本人経営の日本食レストラン、ラーメン店(店によっては調理も日本人)

寂しいときにはどっぷり日本人コミュニティーと付き合うもよし、距離をおいて現地の友達を作り、海外生活を満喫するもよし。

自分のペースでいきしょう!

気苦労しないように、適度に距離を取ってつきあうことをオススメします!

まとめ:マレーシア移住のメリットは?

1.住宅費が安い!

2.生活費が安くできる!

3.常夏、花粉・地震がない!

4.親日国家で英語が通じる!

5.日本人が多い!

マレーシア移住のメリットいかがだったでしょうか?

「中国、韓国、台湾、マレーシア、タイ(少し)」で仕事をしたことがありますが、その中では間違いなく、一番、マレーシアが過ごしやすいです。

私の感じている主な理由は、

1.多民族で外国人に寛容

2.親日国家でフレンドリー

3.英語でのコミュニケーション

4.日本人でもあまり困らない国の発展度

まずは、旅行でも短期滞在でもいいのでマレーシアに来てみてください。

現地を肌で感じてみてからでも、移住を決めるのは遅くないと思います。

ゆるい常夏のマレーシアより

それでは、みなさんの参考になれば、うれしいです。

▼良いことばかりじゃない!マレーシアのデメリットは、こちらの記事でどうぞ。

【海外移住】マレーシア移住のデメリットはこれだ!

いきなりネガティブなタイトルで失礼します マレーシアに9年住んで、現地人化しているMARCUSです 人気移住先マレーシア、本当に良いことばかりでしょうか? 常夏の楽園にくれば毎日がバカンスのハッピーラ ...

続きを見る

-LIFE, Malaysia

© 2022 MARCUS PROJECT | Blog Powered by AFFINGER5