Know-how PROJECT MANAGEMENT

スタッフのモチベーションを上げる方法は?|現役プロマネが語ります。

2020年7月7日

こんにちは、建設系現役プロマネのMARCUS(マーカス)です。

今まで10年以上、色々なプロジェクトを管理してきました。

同時に、色々なプロジェクトのチームメンバーとも仕事をしてきました。

10年以上、プロマネをしてきた私の1つの結論として、、、

『メンバーが高いモチベーションを保つと、プロジェクトは成功しやすくなる。』

ということがあります。

「わかってはいるけど、スタッフやメンバーのモチベーションの上げ方がわからない。」

「どうすれば、スタッフやメンバーに仕事にやりがいを感じてもらえるのか?」

そんなあなたに、お話します。

これは、どんな業種の方にでも当てはまるコツです!

こちらもCHECK

リーダーシップとは何なのか?現役プロマネが語る良いリーダーの条件

こんにちは、マレーシア在住建設系プロマネのMARCUSです。 『メンバーが言うことを聞いてくれない。自分にはもっとリーダーシップが必要?』 『こんな上司にはついていけない!・・・でも良いリーダーってど ...

続きを見る

とにかくスタッフやメンバーの話を’’熱心’’に聞く!

結論から言うと、スタッフやメンバーの話しを熱心によく聞いてください!

これだけです、簡単ですね。

あっけないですか?

でも、実際出来ていない上司やリーダーって多いと思います。

ただなんとなく、話を聞くだけではダメです。

熱心に耳を傾けて、メンバーの良いところを見つけるようにして話を聞きましょう。

話をすると、「それはちょっと違うな」「まだダメだなぁ」とか思うこともあるでしょう。

でもまずは、良いところを見つけて褒めてから、改善点をアドバイスするようにします。

そうして上司やリーダーがメンバーの話しを聞くことは、効果絶大です。

よっぽどひねくれた人間でなければ、モチベーションを感じてくれると思います。

メンバーの話しをよく聞くことは、たくさんのメリットがあります。

メリット①
メンバーの意見をよく聞くと、メンバーの参画意識やモチベーションが上がる

メリット②
メンバーとの話から大きなトラブルの芽に早く気が付き、事前に対処出来る

メリット③
メンバー同士の自由な発言の雰囲気が出来て、チームの雰囲気がよくなる

メリット① 上司やリーダーに、意見を聞いてもらえるとモチベアップする!

まず前提として、メンバーは上司やリーダーより若く、経験年数も少ないのが普通です。

年上がメンバーの場合もありますが、スキルがリーダーより低いことは確かでしょう。

自分が評価される立場の人ですし、軽はずみなことを言って失礼があってもいけません。

何か用事がない限り、メンバーから上司に話かけることって少ないですよね。

あなたが若かった時は、どうでしたか?

私の場合は、なんか緊張して私から気軽に話かけることはありませんでした。

プロジェクトのメンバーになると、毎日淡々と与えられた仕事をこなします。

この変化が少ない日々の仕事の中で、モチベーションを保つのは大変でした。

「ちゃんと自分の仕事は、評価されるいるのか?」

「自分は、このチームの役に立っているのか?」

というような、疑問というか不安を感じていたことを覚えています。

自分は誰かの役に立っているとか、認められたいという願望があったんだと思います。

ここで注目したいのは、誰かに認められたい願望 承認欲求」 ってやつです。

アメリカの心理学者アブラハム・マズローが「自己実現理論」のなかで理論化しています。

承認欲求(しょうにんよっきゅう)とは、「他者から認められたい、自分を価値ある存在として認めたい」という欲求であり、「尊敬・自尊の欲求」とも呼ばれる。

Wikipedia

上司やリーダーに話掛けられて、自分の仕事を褒められたらうれしくないですか?

上司との会話のなかで、自分の意見が「良いね、それ」って言われたら良いですよね。

仕事への参画意識が出て、自発的にもっと良くしようという姿勢になります。

上司やリーダーに認められたことで、自信にもなってモチベーションも上がります。

私の経験則で話してきましたが、これは外部の調査結果でも裏付けされています。

株式会社テイクアクションの【承認欲求に対する意識調査結果】を見てみましょう。

■外部リンク:ビジネスパーソンの承認欲求に対する意識調査(テイクアクション調べ)

男女800人を対象に調査(2019年12月)

Q1:仕事で承認欲求を満たされるとモチベーションアップになるか?

モチベーションアップになる         30.6%
どちらかというとモチベーションアップになる 41.4%

Q2:誰に褒められたらうれしいか?

上司   32.8%
お客さん 21.5%
社長   13.0%

テイクアクション調べ

承認欲求を満たされることで、7割を超える人がモチベが上がると答えています。

誰に褒められたいかについては「上司」「社長」と答えた人は、45%にもなります。

上司やリーダーの言葉には、モチベーションを上げる力があります。

あなたが思っているよりも、メンバーにとってあなたの言葉は「影響力」があります。

この「影響力」をモチベーション維持のために、最大限利用しましょう!

メンバーの意見を「聞く耳」を持った上司やリーダーになりましょう!

 熱心に話しを聞いて、良いところを褒めて認める。

そうすることによって、メンバーに高いモチベーションを保ってもらえます!

メリット② メンバーとの会話でトラブルの芽を摘み取る!

プロジェクトや仕事を成功させるためには、トラブルを予防することは重要です。

メンバーの話しを熱心に聞くと、トラブルの芽を早い段階で摘み取る事が出来ます。

黙っていては、情報はリーダーまでエスカレーションしない!

リーダーの中には、「メンバーはトラブルを報告してくるもの」と思っている人がいます。

この考え方は、非常に危険です。

なぜなら、メンバーはリーダーが思っている以上に悪いことは報告してこないからです。

どうして「自分」が怒られる役になる必要があるのか?

メンバーからすると、わざわざ自分が悪い報告をしたくないという心理が働きます。

「だれか他のメンバーが、上司やリーダーに言ってくれるだろう。」

「もしかしたら、上司やリーダーが自分で気がついてくれるかもしれない。」

誰でも、自分から怒られる役をかって出ようとは思いません。

出来ることなら、誰か他の人が言ってほしいという気持ちになるのもわかります。

 これを打破するのが、話しを聞くことのメリットです。

上司やリーダーが、メンバーが自由に前向きな発言を出来る環境を作ります。

そうすることで、トラブルの芽となる情報とメンバーから聞くことが出来ます。

上司やリーダーがメンバーから話を聞くコツ!

上司やリーダーは、いつも上機嫌であれ!

話しかけやすい雰囲気を作ることが、何よりも大切です。

朝、事務所に入るときは出来るだけ笑顔で挨拶をして、席につきます。

仕事中も何か気がついたことがあれば、積極的にメンバーに話し掛けます。

いつも難しい顔をして、カリカリしていたのでは誰も話し掛けてはくれません。

上司やリーダーが上機嫌でいることは、職場の雰囲気作りにも直結します。

繰り返しになりますが、メンバーの上司であるあなたには「影響力」があります。

それも、あなたが思っている以上にです。

いつも笑顔で上機嫌、騙されたと思って一度行動してみてください。

あなたの行動の変化で、周りがどんどん変化することに気がつくはずです!

メンバーと二人の時に話しを聞く!

メンバーと話しをするときは、出来れば2人きりの時があると良いでしょう。

外出や主張のときのタクシーの中や移動中などが、狙い目です。

もし、プロジェクトメンバーがコンプライアンスに抵触していそうな場合です。

そのメンバーの前では、直接そのことについて話しをすることは難しいでしょう。

そういった情報は、メンバーと2人きりで話しをすることで聞けることになります。

メンバーと話しをする時間作りでやる気アップ!

メンバーと話しをする機会を作るオススメの方法があります。

週に1回程度でよいので、仕事の棚卸しも兼ねて打合せする機会を作ります。

内容は、その週の仕事結果の振り返りと来週の予定などで十分です。

メンバーの状況確認と話しをする機会を持て、一石二鳥です。

その週の仕事の結果が良ければ、その事を褒めることでメンバーの承認欲求も満たせます。

この方法は、ルーチンワークになりがちな総務や経理といった部署で特に有効です。

日頃、繰り返しの作業が多いと上司からのフィードバックの機会も少なくなりがちです。

こういった機会を作ることで、メンバーから直接話しを聞くことが出来ます。

まとめ|メンバーのモチベーションを上げる方法は?

ポイント

「聞く、聞く、聞く

とにかくスタッフやメンバーの話しを熱心に聞く!

上司やリーダーは、自分の影響力をよく認識して行動するように心がけましょう。

あなたの発言や雰囲気作りは、メンバーのモチベーションに直結します。

私も忙しくなってくると、自分のことで手一杯になりがちです。

そういうときこそ深呼吸して、メンバーと一緒に過ごす時間を作るようにしています。

メンバーが楽しそうに仕事をしていると、私がモチベーションをもらえますので。😄

それでは、また。

-Know-how, PROJECT MANAGEMENT

© 2022 MARCUS PROJECT | Blog Powered by AFFINGER5